富士ブランド -富士商工会議所認定品-

富士ブランド認定品

■天晴れ!富士山弁当 【認定番号:5-3001】

(株)富陽軒

0545-61-2835 富士市松岡1190

富士山もにっこり。 おいしさいっぱいのお弁当

今回新たに「天晴れ!!富士山弁当」が仲間入り。朝霧放牧豚の味噌焼をメインに、黒はんぺんや手作りこんにゃく、由比の桜海老等、地場産品にこだわった逸品。赤富士に見立てて仕切られた容器に富士山周辺・駿河の名産品が盛り込まれている。素朴な味わいとレトロな掛紙が相まって、まさに天晴杣!全て新富士駅で販売中。予約も可能だ。

天晴れ!富士山弁当

ホームページはこちら

■東海道吉原田舎ずし 【認定番号:5-3002】

梅月

0545-52-0458 富士市吉原4丁目1-9

三代続く梅月の昔懐かしい故郷の味

昔ながらの家庭で作ったような懐かしい寿司が味わえる。甘辛く煮た「しいたけ」と、優しい甘さが癖になる「たまご」そして、自慢の「五目稲荷」の3種類。ひとつひとつ丁寧に作られる田舎ずしをセットにした東海道吉原宿田舎ずしは、梅月ならではの味を楽しむ事ができる。内容は、しいたけ2ヶ・たまご2ヶ・五目稲荷1ヶ。ここでしか味わえない田舎ずしの味、懐かしい味に浸ってみてはいかがだろうか。

東海道吉原田舎ずし

■駿河茶漬(佃煮) 【認定番号:5-3003】

ヤマカ食品(株)

0545-64-1980 富士市川成島68-1

富士山麓の地下水で炊き上げ手造りの製法を続けて35年

富士山麓の地下水で炊き上げ手造りの製法を続けて35年富士山の湧水に恵まれた田子の浦で、駿河湾産ちりめん・かつお削りと、北海道釧路産昆布を使用した佃煮。こだわりの原材料を、保存料・着色料を使用せずに炊き上げる、素材の味を活かした手造り製法が自慢だ。炊きたてのご飯に合わせ、優しい温もりのおにぎりにしても良し、お茶の香漂う駿河茶漬としても楽しめ、味のバリエーションが広がる。食卓を囲む「お代わり」と茶碗を差し出す笑顔が思い浮かぶ一品。

駿河茶漬(佃煮)

ホームページはこちら

■生チョコ「根方街道石畳」 【認定番号:5-3004】
■「富士の恵み」ふんわり  【認定番号:5-3005】

おかしの家 甘清堂

0545-52-141 富士市今泉1丁目13-1

とろける生チョコ「根方街道石畳」富士の恵みに舌鼓「ふんわり」

店の前を通る郷土の名所「根方街道」。生チョコレートが、ちょうどその石畳のように見える事から「根方街道石畳」と名付けられた。味はプレーン・ほろ苦・抹茶・紅茶の4種類があり、ロにするとたちまちとろけるまろやかさが評判。「ふんわり」は、地元の食材をふんだんに使用したシンプル&ロープライスな新しいスウィーツだ。少し行儀は悪いが、歩きながらでも気軽に食べられる。味は地元産のお茶・苺・梨・栗で今後もますます増える予定。

「富士の恵み」ふんわり 

■ナチュラルミネラルウォーター富士山美水 【認定番号:1-9003】

イデシギョー(株)

0545-51-1003 富士市島田町2-198

天然ミネラル成分バナジウム含有弱アルカリ性天然水

ナチュラルミネラルウォーター「富士山美水」は、富士山に降った雨や雪解け水が長い年月をかけてバサルト層と呼ばれる火山岩を通り抜け、自然ろ過された、ミネラル成分バナジウムを含んだロ当たりのまろやかな軟水。ペットボトル2L・500mlがある。●探水地で容器製造から水の充填まで一貫生産。新鮮な自然のミネラルをそのままパックしている。●食品衛生法に基づく加熱殺菌を行い、クリーンルームで充填しているので安心して飲むことができる。

ナチュラルミネラルウォーター富士山美水

ホームページはこちら

■静岡お茶キムチ(富士のやぶきた茶使用) 【認定番号:4-3001】

李家(イガ)

0545-72-837 富士市久沢2-10-8

富士山の心の味をあなたに

富士山の心の味をあなたに 韓国の名産品である”キムチ"と、日本の名産品である"お茶"をコラボレートした今までに無い新しいキムチ。 10年前から日本でキムチの製造・販売を行っている開発者の故郷"全羅道"は、特に優秀な食の宝庫として、韓国内でも最高の味と認められている。そこで食べ物を「文化の一部」と捉え、富士の名産やぶきた茶の葉と特産の桜海老を素材としてキムチを開発した。長年培った経験により、仕上がりも好評を得て販売に至っている。

静岡お茶キムチ(富士のやぶきた茶使用)

■大淵やぶ北茶(抹茶入り) 茶豆(さとう)豆シリーズ 【認定番号:4-3002】

(株)かつまた

0545-35-0062 富士市大渕3478-1

富士山麓育ち大渕やぶ北茶抹茶入り茶豆(さとう)豆シリーズ

コクと渋みのあるお茶本来の味を醸し出す大渕地区で生産された"やぶ北茶"と、自社の井戸から汲み上げたバナジウムが多く含まれる”富士山の伏流水"を使用して、世界のナッツと出会わせた逸品。「茶豆(さとう)豆シリーズ」は全部で10品。ふじ茶っピー、茶糖ピーナッツ、抹茶豆、めちゃうまグー、みどりの茶来茶来アーモンド、ひっつき茶豆、つぶつぶアーモンド、つぶつぶごまっちゃ、みどりの豆板まっちゃとうばん、安心安全の食品だ。。

大淵やぶ北茶(抹茶入り) 茶豆(さとう)豆シリーズ

ホームページはこちら

■そのまま食べる雑穀15選 富士のやぶきた茶味 【認定番号:4-3003】

加戸米販(株)

0545-21-8472 富士市一色128-8

私は自然派・雑穀派スナック感覚で雑穀の栄養を!!

富士山の恵みをたっぷり受けて育った「富士のやぶきた茶」を使用。国産にこだわった15種類の雑穀を厳選し、揚げずに油を一切使用しない独特の製法で膨化(パフ化)させる事で、軽い食感を実現。
発芽玄米のギャバや、玄米・雑穀に多く含まれる食物繊維などの栄養素を、そのまま摂取できる無添加健康スナック菓子。お湯を注げば、離乳食や流動食としても対応でき、お子様からお年寄りまで、幅広く美味しく楽しめる優れた逸品。

そのまま食べる雑穀15選 富士のやぶきた茶味

ホームページはこちら

■かつ皿 【認定番号:4-3004】

食事処 金時

0545-61-0205 富士市本町7-18

一度食べたらクセになる!世代を超えて愛される味。

金時といえば「かつ皿」といわれる程、大人気の定番メニューだ。親子三代、50年引き継がれた歴史があり、世代を超えて愛され続けている。かつ皿は、温かいご飯に、サクッと揚げたとんかつと、茄でたキャベツを乗せ、上から特製のたまごタレがたっぷりかかっている。一度食べたらクセになるこだわりの味だ。是非ご賞味いただきたい。
新富士駅2Fにある姉妹店「するが喬」でも、食べられる。新幹線を利用する際に立ち寄ってみるのも良いだろう。

かつ皿

ホームページはこちら

■富士駿河ねぎみそチキンバーガー 【認定番号:4-3005】

(有)ハニーフードサービス

0545-64-5182 富士市本市場新田609-10

今日もねぎみそチキンバーガー!!15年間No1!人気の富士の味!!

「毎日食べても飽きない味・安心・安全」をモットーに地産地消、富士山のすそ野で採れた食材を使用している。
鶏は茶や昆布を餌にして育ったブランド鶏を使い、みそダレは富士市の地物醤油みそ3種類に、みりんを加え煮込んだ物。もっちりとしたパンをトーストして、こんがり焼いた高価な国産鶏に自家製タレを付け、さらした千切の根深葱を挟んで仕上げた、こだわりの一品。
営業時間[月〜土]11:00〜14:00、17:00〜21:00[日・祝]11:00〜20:30。定休日は毎週火曜日と第3月曜日〔祝日の場合翌日〕。

富士駿河ねぎみそチキンバーガー

ホームページはこちら

■富士の里 ふわゆき豆腐 【認定番号:4-3007】

丸喜食品(株)

0545-61-0671 富士市宮下237

のどごしふわっと新食感!デザート感覚・プリンイメージ

名付けて「ふわゆき」は、ふんわいとした白い雪イをメージしたネーミング。富士山の湧水を利用し、新たな技法により作られた小食タイプ。特製のタレがついており、デザート感覚で食べられる新商品。従来の豆腐にはない、口に広がる軟らかな食感と、ほんのり甘い味わいが特徴で、お子様のおやつや酒のおつまみにも好適な商品。賞味期限は製造から2週間と、通常より日持ちする。

富士の里 ふわゆき豆腐

ホームページはこちら

■富士のまめ板 【認定番号:4-3008】

(株)ヤマダ

0545-52-5050 富士市伝法2493-1

富士の自然と歴史が育んだ昔なつかしい味

自然の恵みをいっぱい受けた落花生を贅沢に使用し、サクサクで歯切れの良い飴と混ぜ合わせた、昔なつかしいお菓子。
富士市ではタンキリと呼ばれ、縁日の露店等でも売られている、まめ板は、戦後の甘い食べ物が少なかった時代に、2代目が製造し、豆菓子・煎り落花生等と共に販売されていた。この度、3代目が昔の製法と記憶を基に「富士のまめ板」を50年ぶりに復活させた。昭和レトロを感じさせる親しみ深い逸品。

富士のまめ板

ホームページはこちら

■お茶々豆 【認定番号:3-3004】

(株)ヤマダ

0545-52-5050 富士市伝法2493-1

自然の恵み富士の恵みお茶々豆

煎り豆ひとすじ80年のヤマダが、この度新しく商品化したお茶々豆は、北海道産の大粒青大豆を、自社工場でやわらかく焙煎し、地元富士産のお茶の粉末を上白糖と混ぜ合わせ、からめた一品。安心・安全な国産大豆と、富士の緑茶の香りが楽しめる。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする事で注目され、日本人が長寿である理由の一つに挙げられている。また、お茶に含まれるカテキンには抗菌作用があり、お茶々豆は健康にも良い豆菓子といえる。

ホームページはこちら

■ふじ山ブレッド(メープル・ショコラ) 【認定番号:3-3002】

(有)小麦畑松林堂

0545-52-0676 富士市今泉1丁目12-9 

超ふわふわ富士山 新しい味!ここにアリ!

創業明治38年。パンの味を左右する、決め手のひとつ「塩」は駿河湾の伝統製法で作られた平釜塩を使用。卵も富士山麓で取れた新鮮な卵を使用している。遠赤外線で焼く石窯独特の魅力でもある、外はパリっと中はしっとりの焼き加減が好評だ。独自製法で、ふわふわに焼き上がるふじ山ブレッドは、1日掛けてじっくり低温発酵させている。その熟成された生地に、メープルやショコラクリームが折り込まれ、やさしい味に仕上がっている。

ふじ山ブレッド(メープル・ショコラ)

ホームページはこちら

■石窯生クリームあんぱん 【認定番号:3-3003】

(有)小麦畑松林堂

0545-52-0676 富士市今泉1丁目12-9 

こしあんと生クリームぎっしり 伝統の味!ここにアリ!!

北海道産の甘さ控えめな厳選こしあんと、あっさり風味の生クリームが、丸いパンの中にたっぷり入っている。駿河湾でとれた伝統製法の平釜塩は、ミネラル豊富で味わいが違う。パンの味を左右する、決め手のひとつだ。こだわりの新鮮な富士山麓で取れた卵も栄養満点で、トッビングされた高級白ごまの香ばしさが口いっぱいに広がる。石窯で、じっくり焼かれたパンは遠赤外線で、ふっくらと仕上がっている。二代に渡る自信のロングセラー。現在は四代目がその製法を引き継いでいる。

石窯生クリームあんぱん

ホームページはこちら

■富士(ふじ)「味(み)」ご膳 【認定番号:3-3001】

すし日本料理魚民

0545-52-4105 富士市吉原3-3-13 

富士の味を創業130年 老舖の味で楽しむ

魚民は創業明治15年。地元の方々を始め、県内外からも、駿河湾の旬の地魚を求めて多くの人が訪れる。この“富士「味」ご膳”は、そんな旬の地魚を中心にしたメニュー。まずは、田子の浦でその日に捕れた生シラスを生姜醤油で、桜エビをすり身にしてアーモンドをからませて揚げた桜エビ身丈のアーモンド揚げや地のアジ・アオリイカ等、駿河湾で捕れた旬の味覚を握り寿司で楽しめる。フルーツ・赤だし付で3,000円(税込)。

富士(ふじ)「味(み)」ご膳

ホームページはこちら

■駿河湾三品定食 【認定番号:2-3001】

食事処おおつき

0545-52-2124 富士市伝法2529-1

駿河湾の恵と富士山の湧水がつくり出した海の幸の盛り合わせ

静岡と言えば“富士山”。富士山の麓の富士市自体はあまり知られていなくても、駿河湾は皆が知っているからか、他地域から来た人の中で「駿河湾三品定食」を注文する人が多い。現在の定番メニューの一つで、バランスのよい逸品だ。特徴ある材料は、釜揚げしらすの大根おろし和え・桜えびかき揚・自家製いわしハンペン。地元の方をはじめ、他地域から来た方にも大好評のようだ。

駿河湾三品定食

■パンの缶詰 【認定番号:1-3001】
■ケーキの缶詰 【認定番号:1-3001】

(株)岡根谷(防衛省本庁登録業者)

0545-63-2345 富士市加島町5-17

焼きたてのおいしさと豊かな風味をそのまま缶詰に

合成保存料・合成着色料は一切使用せず、「パンの缶詰」は、15ヵ月間の保存が可能(特許取得済)で、平均360kcal。保存用の乾パンとは違い、しっとりやわらかな食感と焼きたての風味が楽しめる。災害用非常食のほかアウトドア用携帯食、船舶用保存食など、さまざまに使えて便利。また「ケーキの缶詰」は、平均500kcalで、自衛隊の中東派遣にも携帯され活躍した。写真の商品は、富士山頂で限定販売され好評を博した登頂記念ラベル。

パンの缶詰・ケーキの缶詰

ホームページはこちら

■富士山の恵 たまごパン 【認定番号:2-3002】

オルブロートふかさわ

0545-52-9910 富士市伝法2752-1

しっとりやさしい甘味のパン

富士山の麓、海抜約550mの緑がいっぱいの自然の中で育った卵をふんだんに使用。生地を捏ねる際には、富士山の雪解け水が染み込み、玄武岩で形成された層で培われた地下水(バナジウム水)を使用。しっとり、やさしい甘味のカステラ味に仕上げられたパンは、赤ちゃんから、お年寄りまで多くの人に愛されて、30年間変わらぬ味のパン。

富士山の恵 たまごパン

■ふるさと弁当 【認定番号:1-3002】
■“ざ”ピーナッツ(富士産昧) 【認定番号:1-3003】

和風料理角山/旬魚の蔵かっぽう角山

0545-61-6230/0545-53-6888 富士市元町9-3/富士市青島町185

地元の食材と手づくりにこだわったおいしさを提供

「ふるさと弁当」は、桜エビ、金目鯛、あしたか牛、桜葉塩漬、たけのこ、エリンギ茸など、県東部で生産・加工された食材を使用。魚・肉・野菜のバランスがよく、食材の味を生かした味つけと美しい盛りつけで、平成18年1月に「ふじのくに地産地消弁当料理」で優秀賞を受賞した。「“ざ”ピーナッツ」は、特産のゆで落花生を使った白あえ、炊き込みご飯、かき揚げの3品。富士ならではの味をアピールするものとして期待されている。

ふるさと弁当/“ざ”ピーナッツ(富士産昧)

ホームページはこちら

■ゆで落花生 【認定番号:1-3004】

(株)かつまた

0545-35-0062 富士市大渕3478-1

いつでもおいしい富士の味、冷凍ゆで落花生

生の落花生をゆでて食べるというのは、富士地域独特の食べ方。富士山麓の大渕地区から伝法地区で育てられた落花生は、土壌や水はけなどの条件が整っていて、最も良質な落花生が収穫できる。富士市産のものは量に限りがあり旬は秋〜冬だが、独自の製法で加工された冷凍の「富士山麓育ち」「ゆあがり君」なら、一年中いつでもおいしいゆで落花生が食べられる。おやつに、ビールや酒のつまみに、富士市の名産品をぜひ味わってみたい。

ゆで落花生

ホームページはこちら

■元気なお米 【認定番号:1-3005】

加戸米販(株)

0545-21-8472 富士市一色128-8

玄米以上の食物繊維がとれる、おいしい白米

富士産の無洗米に、天然の食物繊維をコーティングした健康米。白米の約7倍、玄米以上の食物繊維が、白米の食べやすさはそのままに摂取できる。GI値も52と、血糖値が上がりにくい低GI食品だ。しかも海藻などに含まれる水溶性食物繊維だから、より健康効果が期待できそう。成人1日あたりの食物繊維摂取量の目安は20〜25g。実際は3〜8gほど不足気味なので、「元気なお米」茶碗1〜2杯で、不足分を補うことができる。

元気なお米

ホームページはこちら

■駿河おこわ三昧 【認定番号:2-3003】
■味付ちりめんじゃこ(山椒入り) 【認定番号:2-3005】
■駿河のデュエット(釜あげしらす&桜えび) 【認定番号:2-3006】

金丸水産(株)

0545-63-2256 富士市田子373-1

駿河湾の味覚が満載

「駿河おこわ三昧」は静岡県産桜えび、うなぎ、富士市特産のしらす、緑茶・落花生を使用した4種のおこわ。
「味付ちりめんじゃこ」は釜揚げしらすを独自の調味液に浸け、香り豊かな山椒の実を混ぜて乾燥。「駿河のデュエット」は駿河湾の幸、しらすと桜えびをセットに、両品が奏でる富士・駿河湾・郷土の味。贈答品や土産品に最適。

駿河おこわ三昧/駿河稲荷おこわ/味付ちりめんじゃこ(山椒入り)/駿河のデュエット(釜あげしらす&桜えび)/駿河のうまいもの「はんぺん」

ホームページはこちら

■東海道吉原宿 宿場小まんじゅう 【認定番号:2-3008】
■富士と桜えびサブレー 【認定番号:2-3009】

富岳銘菓 きよせ

0545-52-1190 富士市吉原2丁目4-6

旧東海道脇に店を構えてはや百有余年

その昔、上り・下りの長旅に疲れた旅人達がふと立ち寄った茶屋で、富士山を見上げ饅頭をつまみ、お茶をすすり「ホット」一息ついている有様に思いを馳せ、長年培った経験と技術により、素朴で飽きのこない、満足出来る小さなおまんじゅうをつくりあげた。皮は黒糖・三温糖・トレハロースを使用。添加物は膨張剤のみ。餡は無農薬・有機肥料に天然カルシウム等を加えた本物の味。「富士と桜えびサブレー」は駿河湾で採れた桜えびを、刻んで練り込んだサブレー。

東海道吉原宿 宿場小まんじゅう/富士と桜えびサブレー

■伝法コロッケ 【認定番号:2-3011】

(有)スーパーヤマウチ

0545-52-1303 富士市伝法2865-5

伝法コロッケ 通称「伝コロ」

この通称は伝法小学校の3年生(平成17年度生)が考案。皆に愛される、伝法を代表する商品となるよう名づけられたものだ。この伝法コロッケ(通称:伝コロ)は昭和55年、ヤマウチの自家製コロッケとして産声をあげて以来、伝法地域の方々に愛され続けてきた。富士産の地場野菜(じゃがいも・玉ねぎ・にんじん・葉ねぎ)をふんだんに使用し、昔ながらの手法で『手作り』にこだわっている。揚げたてはもちろん、揚げる前の生コロッケも販売している。

伝法コロッケ

■富士湧水生ゼリー 【認定番号:1-3008】

杉山フルーツ店

0545-52-1458 富士市吉原2-4-3

完熟フルーツたっぷりのキラキラゼリー

果物を熟知した「フルーツソムリエ」が手がけるゼリー。富士の湧水をふんだんに使用し、フルーツもすべて完熟を使用。ゼラチンにもこだわり、海藻から抽出した植物性のものを使っている。豊富なミネラルを含んだアルカリ性食品だから、ヘルシーでさらにカロリーも控えめ。国産マンゴーやパッションフルーツ、メロン、伊予柑などなど、季節によって種類はさまざま。旬の完熟フルーツのおいしさがギュッと詰まっている。

富士湧水生ゼリー

ホームページはこちら

■駿河塩そば 【認定番号:1-3009】

らぁめん大山

0545-60-5333 富士市青葉町604

桜エビの風味が踊る塩ラーメン

駿河湾でとれた桜エビの風味を生かした塩ラーメン。富士山の麓で育った、名古屋コーチンや秋田比内鶏など、7種の鶏をかけ合わせた「駿河若軍鶏」と、「富士の鶏」、そして羅臼・利尻・日高という3大名産地の昆布で取ったうまみとコクのあるスープに、駿河湾の桜エビから独自製法でとったエビ油をきかせた一杯。モンゴル産岩塩とホタテをふんだんに使った塩ダレで、どこにもないオリジナルの塩ラーメンが完成した。

駿河塩そば

ホームページはこちら

■富士山のように 【認定番号:1-3010】

(株)田子の月

0545-52-0001 富士市今泉380-1

富士山のおおらかさを表現した口どけのよい銘菓

おおらかでたくましくやさしい、富士山の形をした菓子。まんじゅう皮に、自家製粉の自慢の生もち粉を使い、富士山の型に入れ焼き上げた、餅のようなまんじゅうだ。もち粉が入った皮は、まさにモチモチッとしなやかな食感。あっさりとした口どけのやさしい自家製皮むき小豆との、絶妙なコンビネーションが味わえる。郷土の「富士山」を誇りに思う気持ちが表現されたお菓子は、コロンとしたフォルムも魅力的で土産にも最適。

富士山のように

ホームページはこちら

■富士山頂 【認定番号:2-3012】
■ふじのくに 【認定番号:2-3013】

(株)田子の月

0545-52-0001 富士市今泉380-1

「おっぱい饅頭」と呼ばれる位親しまれているお菓子

「カスタードクリームを使って地元に因んだおいしいお菓子を…」と常々考えていた初代社長牧田良三氏が悩んだ末、田子の月創業30周年の記念銘菓として販売を始めた一品。日本一の富士山を模倣して作られたことから「富士山頂」と命名。一度食べたら病みつきになる味だ。「ふじのくに」は「創業当時の誰からも愛された味わい」を再現した、懐かしく新しい焼き菓子。一口サイズで、しっとりと食べやすく、口どけが良い素朴な味わいの安心で美味しい焼き菓子だ。

富士山頂/ふじのくに

ホームページはこちら

■アスタキサンチン&ブルーベリー&ルテイン 【認定番号:1-3011】

田中薬品(株)

0545-53-3141 富士市伝法1886-1

徹底した品質管理が生んだ頼れるサプリメント

鮭などに含まれるアスタキサンチン、紫外線から目を守るといわれているルテイン、そしてブルーベリー。今注目の成分をひと粒に詰めこんだサプリメント。有効成分の含有量と配合バランスにこだわり、ほかにDHA、カシス、ブドウ種子ポリフェノール、メグスリノキ、ミカン粉末など、信頼のおける素材を、魚由来のゼラチンでカプセルにしている。現代人に不足しがちな栄養素を含んでいるから、目にはもちろん栄養補助食品として活用したい。

アスタキサンチン&ブルーベリー&ルテイン

ホームページはこちら

■駿河焼さんま寿司 ・駿河焼さば寿司 【認定番号:2-3014】

デリカのライフ駅南店

0545-63-2226 富士市水戸島元町6-3

酢でしめていない秋刀魚・鯖を焼いて使った押し寿司

富士地域で生産された生姜を独自の味付けでサンド。寿司飯も地域の味を出している。酢でしめずに、焼いた秋刀魚・鯖を使った押し寿司は、他にないだろう。焼いた魚を使っているので、生が苦手な人でも美味しく食べられる。3日間日持ちして、味も落ちないので、旅行・富士登山等におすすめだ。山頂・山小屋等で食べれば最高だろう。

駿河焼さんま寿司 ・駿河焼さば寿司

ホームページはこちら

■抹茶生クリーム入り大福 【認定番号:1-3012】

和洋菓子 はせがわ

0545-52-0393 富士市吉原3-2-4

抹茶の風味が引き立つ和洋折衷のおいしさ

「和洋菓子のはせがわ」で販売している大福。やわらかな餅の中に、抹茶あんと生クリームを入れてやさしく包んである。評判の「生クリーム大福」シリーズの中でも、男女問わず最も人気のある商品。和と洋の見事なコラボレーションで、生クリームのコクが抹茶の味を引き立てている。口どけもなめらかだ。冷蔵庫でしっかり冷やしても、大福の皮が固くならないから、ひんやり冷やして食べるのが美味。

抹茶生クリーム入り大福

■富士駿河ピザ(釜揚げしらす) 【認定番号:2-3015】
■富士駿河ピザ(生桜えび) 【認定番号:2-3016】

(有)ハニーフードサービス

0545-64-5182 富士市本市場新田609-10

駿河湾でとれた「釜揚げしらす」「生桜えび」を使用したピザ

材料にこだわりあり!水は免疫力を高める駿河湾海洋深層水。小麦粉は国内産の良質・安全な物。酵母は世界自然遺産にも指定されている白神山地のブナ林で発見された天然酵母で、醗酵が高く普通の酵母菌の3倍の値段。トマトソースは味に深みがあるサンマルツァー系トマトを使用。チーズも高級品とされる16週間以上熟成させて作られたナチュラルチーズを独自ブレンド。肉・野菜も富士山の麓で採れた物を使用。送料別で地方発送も可能だ。

富士駿河ピザ(釜揚げしらす)/富士駿河ピザ(生桜えび)

ホームページはこちら

■新味料(みりん風調味料) 【認定番号:1-3014】
■味付ぽんず 【認定番号:1-3015】

福泉産業(株)

0545-34-0800 富士市中里150-1

富士の天然水と静岡産果汁がつくるうまみ

発売から60年。和食には欠かせない調味料として定番となった新味料「福泉」には、富士山の天然水を使用している。みりんとは異なりアルコールを飛ばす手間がかからず、砂糖とは違う上品な甘みと照り、うまみを加えてくれる。「味付ぽんず」は、静岡県でとれた青ダイダイを絞った天然果汁と、本醸造醤油で味つけした本格派ぽんず。合成保存料を使用していないから、天然果汁ならではのさわやかさだ。どちらも家庭用、業務用がそろう。

■旨醸 フジコウジ本醸造醤油 【認定番号:2-3018】
■フジコウジ金山寺 【認定番号:2-3019】
■ふじ大地の恵シリーズ 【認定番号:2-3020】

(株)フジコウジ

0545-34-0133 富士市富士岡1450

香り高い昔ながらの味わいがこだわりの一品

富士山の湧水を富士岡の工場内に持ち込み、一年中自噴する井戸水を仕込みに使用し「旨醸 フジコウジ本醸造醤油」は大豆を1年間樽で寝かせ、じっくり醸し出されたもろ味を絞り、そのまま水を加えず作っている。「フジコウジ金山寺」は自家田んぼのコシヒカリで作った麹を、醤油の麹技術を利用して、富士の野菜と混ぜ合わせる事で香り高い仕上がりになっている。「ふじ大地の恵み」シリーズは無農薬の自家農園で、安全に配慮した、こだわりの一品。

旨醸 フジコウジ本醸造醤油/フジコウジ金山寺/ふじ大地の恵シリーズ

■富士の緑茶 【認定番号:1-3017】

富士市農業協同組合ふれあいセンター

0545-61-8282(購買課) 富士市松本12-1

味わい豊かなやぶ北茶の緑茶飲料を農協が独自開発

富士市の農業で最も広い作付け面積を占めるのが、富士山麓一帯に広がる茶畑。そこで地産地消を目指し、「富士市農協」が特産のやぶ北茶を抽出した緑茶飲料を独自に開発。やぶ北ならではの深みのある豊かな味わいが、人気を集めている。490g入りとたっぷり飲めるボトル缶入りで、デザインは由比の「望嶽亭」の松永宝蔵氏が手がけたもの。富士山と茶畑を背景に旅人がお茶を飲んで一服する、ユニークなイラストも好評だ。贈答用としてもおすすめ。

富士の緑茶

■ようかんパン 【認定番号:1-3020】
■富士山サブレ 【認定番号:1-3021】

富士製パン(株)

0545-51-2128 富士市蓼原1178-3

昔ながらの懐かしい味と、富士山をイメージした土産好適品

「ようかんパン」は、粒あんパンの上に溶かしたようかんを塗って、中心にホイップクリームを飾った和風の菓子パン。ようかんのしっとりとつややかな色合いが食欲をそそり、3つの甘味を楽しめる。昭和31年に製造を開始し、50年たった今も昔の味を大切に守り続けている。「富士山サブレ」は、サクッとした食感とバター風味のプレーンな味が人気の、富士山の形をしたクッキー。富士山型の折り箱も印象的で、土産品として好評だ。

ようかんパン/富士山サブレ

■竹取物語 【認定番号:1-3024】

(株)富陽軒

0545-61-2835 富士市松岡1190

ゆで落花生が入ったほのぼの不思議なおこわが人気

富士市比奈に「竹採塚」があり、「竹取物語」のふるさとと言われている富士市。このなじみ深い民話と同じように、「誰からも愛される弁当を」と作られた、竹カゴに入った弁当。かぐや姫のかけ紙もかわいらしい。中身も、富士市特産のゆで落花生が入った醤油味のおこわを主体に、桜エビ、キンメダイ、タケノコなど、彩り豊かな食材がそろっている。昭和62年の発売以来、富士市内外で支持され、全国の駅弁大会でも人気の商品だ。

竹取物語

ホームページはこちら

■富士の子育て いなり 【認定番号:2-3022】

(株)富陽軒

0545-61-2835 富士市松岡1190

富士市ならではのお楽しみもあり

大運寺の子育ていなりに因んだ、小さくて可愛いおいなりさんだ。大正12年の創業当初より『おいなりさんの富陽軒』として、地元の方々に愛され続けている。じわ〜っと甘辛いタレが染み込んだお揚げは、今も変わらない懐かしい味。中に入っているご飯も、わさびや昆布等、3種類の違った風味を楽しめる。箸休めには、香の物と、富士市ならではの塩ゆで落花生が付いており、お茶請けやお土産にも利用できる。

富士の子育て いなり

ホームページはこちら

■「豆の味」十割豆腐 【認定番号:1-3025】
■「豆の味」十割豆乳 【認定番号:1-3025】

(有)プラウド

0545-60-7098 富士市中丸59-1

大豆本来のコクと甘み、高栄養をまるごと味わえる

自社開発の特殊製法によって大豆を粉砕したパウダーを使用。大豆を煮てしぼるという従来の製法とは異なり、おからを出さないのが特徴。そのためコクと甘みのある大豆本来の味を楽しめるのはもちろん、大豆に含まれる栄養と風味がまるごと生かされている。イソフラボンなど話題の健康成分や豊富な食物繊維を、あますところなく吸収できるのがうれしい。大豆は業界で初めての「JAS有機大豆」を使用。農薬や化学肥料を一切使用していない。

「豆の味」十割豆腐/「豆の味」十割豆乳

ホームページはこちら

■こだわりいなり 葛の葉 【認定番号:1-3026】
■ふじがんも 【認定番号:1-3027】

まつかや

0545-52-2590 富士市吉原2-11-16

ひと口食べると、いなり寿司とがんもどきのイメージが変わる

富士の湧水を使った豆腐を完全手揚げした肉厚の油揚げに、米はいなり寿司に合う山形の契約栽培米と、とことんおいしさを追求したいなり寿司。食べた時のふっくらした味わいと、シャキッとしたレンコンの食感、そして大豆とゴマの香りを存分に楽しめる。「ふじがんも」は駿河湾のアジが原料。頭とワタを取り、骨ごとミンチにしてからゴボウをまぜ、独自の味つけをして揚げてある。カルシウムたっぷりで、子どもから大人まで喜ばれている。

こだわりいなり 葛の葉/ふじがんも

ホームページはこちら

■富士の雪 【認定番号:1-3028】

丸喜食品(株)

0545-61-0671 富士市宮下237

真っ白な肌は、富士に降り積もった雪のよう

富士山の湧水をたっぷり使った大豆製品を製造。「富士の雪」は、国産大豆を100%使用した「よせ豆腐」に、さらに豆乳を仕込んだ、大豆成分たっぷりの商品。その白さから「富士の雪」と名づけられた。富士の伏流水を十分に吸い込んだ国産大豆の甘みとコクが生きたよせ豆腐で、富士山のイメージを描いた和紙風包装の、高級感あふれるパッケージも好評。特製のタレもついていて、手軽に国産大豆のおいしさと富士湧水の恵みを味わえる。

富士の雪

ホームページはこちら

■竹取ロール 【認定番号:2-3023】

(株)味味

0545-51-1331 富士市永田町2丁目2

富士市のかぐや姫伝説に因み竹の葉・笹粉を使用

笹粉は繊維が豊富で、ビタミンKとAも含み、卵・牛乳は、富士山麓育ちだ。富士のお土産にふんわりスポンジと天然の緑と白い生クリームの「竹取ロール」を御賞味あれ。毎朝焼かれるスポンジにも笹粉を配合。中には、月に見立てた笹粉入“竹あん”が生クリームで巻かれている。甘さ控え目で、あっさりとしているのが特長だ。軽くて食べやすい、竹筒に入ったような竹取ロール。富士のお土産にオススメ!

竹取ロール

ホームページはこちら

■ろばた焼幸兵衛の酢みそ 【認定番号:2-3024】

ろばた焼 幸兵衛

0545-64-3311 富士市富士町8-2栄ビル

甘めに作られた酢みそ FAX注文は0545・62・6282へ

お好みで酢を加えてのばしたり、七味を加えたりする事で、自分好みの味に調整できる。ねぎぬた、生しらす、ミョウガ、うど、焼き魚、生・ゆで野菜、こんにゃく等に最適だ。ろばた焼幸兵衛の酢みそは甘めに作られており、駿河湾の幸や野菜類など、色々な料理に挑戦してみたい。最近では、野菜嫌いのお子様を持つお母さんに「酢みそを掛けたら、子供が生野菜を食べる様になった」等と喜ばれている。

ろばた焼幸兵衛の酢みそ

■かぐや姫のわすれ物 【認定番号:1-3030】
■あずきアイスキャンデー 【認定番号:1-3031】
■きんつば 【認定番号:1-3032】

菓亭 わかつき (有)わかつき

0545-61-4863 富士市本市場21-1

評判のあんこを使ったオリジナル商品がいっぱい

「かぐや姫のわすれ物」は、富士のやぶ北茶、新潟の熊笹の粉、茶カテキンをふんだんに使用した健康的なキャンディー。さまざまな効能があるカフェインやカテキンはそのままに、富士の山麓牛乳をベースに食べやすいキャンディーに仕上げている。「あずきアイスキャンデー」も北海道産の良質な原料を使い、それをまとめる富士の湧水がおいしさを引き出している。あずきぎっしりの「きんつば」は、老舗の製あん業ならではの味だと評判の一品。

かぐや姫のわすれ物/あずきアイスキャンデー/きんつば

 

ページの先頭に戻る