富士ブランド -富士商工会議所認定品-

富士ブランド認定品

■駿河湾の香り 桜えび醤油・おさしみ醤油

(株)きむらや 飲み喰い処きむらや

0545-52-4529 富士市津田町128

駿河湾の香り漂うこだわりのお醤油!!

駿河湾で水揚げされた上質な桜えび、カツオ節を使い、たまり醤油のコクとこいくち醤油の香りをうまくブレンドして、みりんを加えまろやかにしたお醤油である。
お刺身はもちろん、かけ醤油に、隠し味に、あらゆるお料理に広がりを持たせる事ができる。
★桜えび醤油・おさしみ醤油
 200ml 各691円(税込)
 720ml 各1,944円(税込)

きむらや 飲み喰い処きむらや

ホームページはこちら

■竹取物語

(株)富陽軒

0545-61-2835 富士市松岡1190

かぐや姫もにっこり おいしさいっぱいのお弁当

富士市の民話から生まれた「竹取物語」は、昭和62年に発売されて以来、大人気のお弁当。郷土料理の茹で落花生を炊き込んだおこわの上に、桜えびやたけのこ、金目鯛や帆立など彩り豊かな食材がのっている。かわいらしい掛け紙や、竹かごに入っているのも人気の理由。JR東海社長賞受賞の、かぐや姫もにっこりなお弁当。新富士駅にて販売中。予約も可能。
★竹取物語 1,050円(税込)

富陽軒

ホームページはこちら

■駿河名産つまみ喰い 天晴れ!!富士山弁当

(株)富陽軒

0545-61-2835 富士市松岡1190

駿河の味覚に天晴れ!! ギュッと詰まった素朴な味わい

豚肉の西京味噌焼きをメインに、由比の桜えび、黒はんぺんのフライ、手作りこんにゃくなど、駿河の名産品が味わえて何とも天晴れな逸品。富士山の形に仕切った容器に、赤富士をイメージして盛り付けられている。レトロな映画看板風イラストの掛け紙も魅力のひとつ。新富士駅にて販売中。予約も可能。
★駿河名産つまみ喰い 天晴れ!!富士山弁当 1,030円(税込)

富陽軒

ホームページはこちら

■駿河塩そば

らあめん大山

0545-60-5333 富士市青葉町604

桜エビの風味が香るえびしおラーメン

駿河湾でとれた桜エビの香ばしい風味を生かした塩ラーメン。鶏と羅臼昆布で取った旨味とコクのあるスープに、駿河湾の桜エビから独自製法で抽出されたエビ油が効いた至極の一杯。モンゴル産岩塩とホタテをふんだんに使用した塩ダレで、オリジナリティーあふれる塩ラーメンが完成した。

らあめん大山

ホームページはこちら

■桜えび香る!富士みそ焼そば

佐重

0545-53-2805 富士市青島町188ユーアイビル1F

手作り濃厚海老ソース! 富士山世界遺産盛りの焼そば

TV東京チャンピオンズより誕生!有名ラーメン店。九段斑鳩店主とのコラボで開発された濃厚な海老の風味が特徴の焼そば。地元製麺屋で当店だけに作られた平打ち太麺のむし麺。桜海老と釜上げしらすを使用し、盛り付けは富士山世界遺産盛り!
これぞ富士市、静岡県らしさを盛り込んだ一品!日本で唯一の味!日本一の味を御賞味あれ!

どんぶり割烹 佐重

■焼肉 玉起園の酢味噌

焼肉 玉起園

0545-63-2316 富士市森島102-2

肉・魚・野菜・海藻 どんな食材にも合う酢味噌!!

焼肉玉起園の酢味噌は、昭和56年の創業から今日まで変わらず秘伝の味を守り続けてきた商品。味は甘酸っぱく、辛くはないので、子供からご年配の方まで安心して美味しく食べられる。茹でたお肉や野菜・海藻はもちろん、魚・イカ・タコなどの刺身、こんにゃく刺し、ゆで玉子など幅広い食材に合い、かけたり、つけたり用途は色々。お土産にも最適。是非一度ご賞味あれ!!
★焼肉玉起園の酢味噌 1本 550円(税込)
※富士川楽座の販売価格は540円

焼肉 玉起園

ホームページはこちら

■田子の浦しらすのお弁当

和楽房 尚奄

0545-30-7780 富士市前田861-30

田子の浦しらすはしの字のしらす。

田子の浦漁協のしらす漁の3つの条件で漁をしたしらすのみを「田子の浦しらす」と呼び、他のしらすとの差別化を図っている。その「田子の浦しらす」を十分味わってもらう為、量的にも十分な釜揚しらすとちりめん干しの炊き込みご飯である。「田子の浦しらす」はしの字のしらすと言い、これはしらすに傷がない証し。富士市のお弁当として地方の方にも市内の方にも味わって頂きたい。
★田子の浦しらすのお弁当 800円(税別)

和風料理 角山/旬魚の蔵かっぽう角山

■富士「味」ご膳

すし 日本料理 魚民

0545-52-4105(共通) 本館/富士市吉原3-3-13 雅粋庵/富士市今泉1-8-38

富士の味を創業130年 老舗の味で楽しむ

魚民は創業明治15年。地元の方々を始め、県内外からも、駿河湾の旬の地魚を求めて多くの人が訪れる。この“富士「味」ご膳”は、そんな旬の地魚を中心にしたメニュー。まずは、田子の浦でその日に捕れた生シラスを生姜醤油で、桜エビをすり身にしてアーモンドをからませて揚げた桜エビ身丈のアーモンド揚げや地のアジ・アオリイカ等、駿河湾で捕れた旬の味覚を握り寿司で楽しめる。フルーツ・赤だし付で3,000円(税込)。

すし 日本料理 魚民

ホームページはこちら

■かつ皿

そば食事処 金時

0545-61-0205 富士市本町7-18

一度食べたらクセになる! 世代を超えて愛される味。

金時といえば「かつ皿!」といわれる程、大人気の定番メニューだ。親子三世代、50年以上引き継がれた歴史があり、世代を超えて愛され続けている。かつ皿は、温かいご飯に、サクッと揚げたとんかつと、茹でたキャベツを乗せ、上から特製のたまごタレがたっぷりかかっている。一度食べたらクセになるこだわりの味。是非ご賞味いただきたい。新富士駅2Fにある姉妹店「するが蕎」でも、食べられる。新幹線を利用する際に立ち寄ってみるのも良いだろう。

食事処 金時

ホームページはこちら

ページの先頭に戻る